Return to site

気仙沼レポート~前編~

ギター寄贈セレモニー▶宮城県立気仙沼支援学校

2016年10月に開催した第6回2000人ギター弾き語り。ご参加いただいたみなさんより預かった大切な大切な募金で、5本のアコースティックギターを購入。

東日本大震災以降、気仙沼とアツ~~~い交流を深めている神戸の岡本商店街振興組合を通じて、気仙沼新中央商店会へ寄贈。地元で受入先を調整いただき、2017年3月3日に市内2校へお届け。現地でも弾き語り教室を開催してきました。その様子を2回にわけてレポートします!

▼岡本商店街にある復興支援アンテナショップ「気仙沼まただいん」▼

寄贈楽器は、毎度おなじみキクタニミュージック㈱さんに発注。ここでは書けないスペシャルプライスの上、送料を全額負担! 僕らが現地入りするタイミングぴったりに届けてくださいました。マージマジマジ感謝(Tv▼)/

送付先のメガネ屋さん「ジェイズミウラ」に到着後、すぐさま箱開け&チューニング。オーナーの三浦喜市さんは、地元でも有名なバンドマン。寄贈楽器を選定する際にもいろいろとアドバイスをいただきました。「手の小さい女の子も弾きやすいように」と、ミニサイズのギターをセレクト。

(GUILD社 JUMBO JUNIOR…2本、KALA社 KA-GTR-OM…3本)

そしてそして、まず1カ所目に訪れたのは、宮城県立気仙沼支援学校

体育館では、中学・高等部のみなさんが卒業式リハーサルの真っ最ちゅー。

そこへドドーンと登場。『こーんにーちは~♪』

『ギター弾き語りに挑戦してみたいお友だち、手ーあげて!』『は~い♪

そして代表の生徒さんたちに、さっそく弾き語りをレクチャー。

練習曲は『線路はつづくよどこまでも』。レッスンのテーマは、君がギターを手にすれば…

君がギターを手にすれば…まわりのみんなを笑顔にできる!

君がギターをかき鳴らせば…みんながあとからついてくる!

君がギターで熱唱すれば…みんなも歌って踊りだす!

そう、君がギターを手にすれば…こんなに大きな友情の輪ができるんです♪

弾き語り教室の終わりには、生徒さんたち手作りの素敵なプレゼントをいただきました。
ありがとう~💚 そして、まーた遊ぼうね~♪

最後に、学校入口で記念撮影📷✨

P.S.

神戸→気仙沼への移動中、僕らの知らないところで現地とこまめにメールでやりとりしながら、今回の旅をバックアップしてくださった岡本商店街振興組合のみなさまにも、この場を借りまして、マージマジマジ感謝(Tv▼)/💛 しんごお兄さんより

▶▶▶後編へつづく...

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly