Return to site

2019▶Report

9/7(土) 大本山 須磨寺で「第9回2000人ギター弾き語り」実施!

400名が大集合!

募金額183,167円!

台風の多いこのシーズン。土日の天気は本当に紙一重で、毎年ありとあらゆる予報サイトをチェックしながら当日を迎えるのが恒例だったんですが……今年はそんなハラハラ感もまったく不要!

↓ご覧の通り、絵の具でベタ塗りしたかのような青空のもとで気持ちよ~く開催できました♪

当日の様子を、撮影チーム隊長バーティーさんが即編集。

「参加した一人ひとりの歌っている姿、笑顔を収めたい!」という熱い思いから、今回はなんと、弾き語り教室から本番・エンディングまでの主要部分をノーカットに近い形でYouTubeにアップ!

た~っぷり53分間。お時間のあるときに、ぜひご覧くださいませ!

以下は、撮影チーム副隊長のYOU善カメラマンが境内を駆け巡りながらパシャパシャ撮ってくださった写真の中からベストショットをセレクトし、当日の様子をレポート。

当イベントでは毎年、受付で募金活動を実施。集まったお金でギター・ウクレレ・打楽器などを購入し、東北の子どもたちへ届けています(これまでに計168本寄贈)。

今回の寄贈先は、宮城県気仙沼市のけせんぬま おひさま保育園☞http://kesennuma-ohisama.jp

まずは毎年恒例、“楽器をカッコよくかまえてスマホで自撮りする練習”からスタート(笑)

ステキな笑顔で、ハイチーズ♡

弾き語り教室では、ギターとウクレレを同時進行でレクチャー。

今年の練習曲は『小さな世界~IT'S A SMALL WORLD~(日本語版)』で、C・G・Fの3つのコードの押さえ方をマスターしていきます。

イベントそのものは、チラシ・ポスターに「好きな楽器もって須磨寺いこう」と書いてある通り、何でもOK。今年もいろ~んな楽器を持ったお友だちが大集合。

青葉の笛を思わせるフルートの音色、ステキでした↓

※青葉の笛については、須磨寺ホームページをご参照くださいませ(http://www.sumadera.or.jp/genpei/

↓こちらは中国楽器の二胡。右後ろの女性は木製ピアニカ!? オーダーメイドだそうです。

中には、複数の楽器を用意しているお友だちも。

右のお兄さんは、三線とウクレレを交互に演奏。いろんな楽しみ方がありますねぇ~♬

そして毎年恒例、楽器だけではなく見た目にもトコトンこだわる参加者たち。

ここ数年、事前練習会を含めて皆勤賞。緑のマスクマン Lighting Airportくん。

お隣は、当イベントを通じて仲良くなったという、こちらも常連のウクレレひでちゃん

昨年はおりんを奏でて注目を浴びたお二人。今年も目立ってました(実はお寺の事務員さん!?)

そして見た目のこだわりといえば、何といってもこの人。「あれは本物ですか?」「今年も会えますか?」と多くの問合せが入るほど、誰もが気になるマスクマン。登録名はKENみちのくさん。

親子で教え合いながら演奏する光景も、また増えたなぁ~って思いました。

なんかもう、「美しい」としか言いようがないです♡

↓こちらの親子も…美しい!

↓こちらの親子も……美しい!!

↓こちらの親子も……うつ……つ!?…………逆に美しい!!!!!(殿様、毎年アリガトー♡)

レッスンの後は、暗くなる前に記念撮影。ここでも、やはり視線をかっさらうマスクマン(笑)

ドローン目線でも、パシャリ。上から見るとこんな感じだったんですねぇ!?

この陣形のまま、「がんばれ、気仙沼~!!」とエールを叫ぶ練習も実施。みんな、いい顔☺

さあ、いよいよ本番です。準備OK?

まずは気合入れも兼ねて、気仙沼コールから。

けーせんぬまぁっ!(ドドンドドンドン)

けーせんぬまぁっ!(ドドンドドンドン)

勢いそのままに、たーくさん練習した『小さな世界』を、大きな声で大合唱!

間違えてもOK。ウマい・ヘタ関係なく、みんなでジャジャーンと奏でましょう。うん、いい笑顔♡

ピアニカ、ウクレレ、ウチワ…

ギター、バンジョー…

カッコいいエレキギター…

そしてカネ(笑)

いろんな楽器に思いを込めて…届け、神戸からのエール!

曲の終わりに「せーの」の合図で…

がんばれ~っ!

けせんぬま~っ!!!!

続いて、第1回からずーっと歌い続けているエンディング曲『上を向いて歩こう』

夕暮れに染まり、境内は美しくライトアップ。

“かなしみは~星の~かげに~♪”

“かなしみは~月の~かげに~♪”

“上を向いて歩こう 涙がこぼれないように”

“泣きながら歩く ひとりぽっちの夜”

“ひとりぽっちの夜”

毎年思うんですが、この「ひとりぽっちの夜」というせつないフレーズを、たーくさんのお友だちと一緒に歌うと、元気がみなぎってくるんです。この、言葉じゃ説明できない不思議なパワーを、映像を通じて東北に届け続けてきました。

最後に、副住職の小池陽人さんと、パーカッション奏者 門前喜康さんによる『般若心経』読経。

東北への様々な思い、そして復興への祈りを込めて、合掌。

みなさん、おつかれさまでしたぁっ!

そしてそして、ここからがと~っても重要です。

みなさんの思いを宮城県気仙沼市の子どもたちに届けるため、すぐさま次の準備をスタート!

これから気仙沼新中央商店会のみなさんと打ち合わせを重ねながら、おひさま保育園に届ける楽器内容&弾き語り教室の調整を進めていきます。暫定スケジュールですが、来年2020年2月16日㊐~18日㊋の日程で企画中です。その中で、前回訪問した南三陸町を含めて、過去の寄贈先もできる限り訪問し、楽器のメンテンナンスなどもできればと考えております。

進捗状況を随時お知らせしていきますので、引き続きご協力のほど、よろしくお願いしまーす♪

実行委員会代表 しんごお兄さんより(▼v▼)/

▼2019ポスター▼

▼スポンサーのみなさま、ダイダイダイダイ大感謝▼

P.S.

↑の【語】に入っていませんが、今回の広報物の完成前から、昨年のポスターを手書きで日付修正してお店に貼るなどいち早く告知してくださった上、今年の分が印刷し終わったあとにも関わらず運営費を寄付してくださった㈱クリヤマ仏壇店さん、この場を借りてマージマジマジ感謝(Tv▼)/

受付チームのみなさま、今年もステキな笑顔でのお出迎え、アリガトー(Tv▼)/💛

力仕事チームのみなさま、ポンコツお兄さんが開始早々に腰を痛めて戦線離脱する中、最後の最後まで肉体労働を引き受けていただき、本当にアリガトー(Tv▼)/💙

To Be Continued...

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK